プレ更年期の予防|更年期障害の症状が出始めたら【様々な薬物治療方法を紹介】

Health

乳酸菌サプリで腸内環境を整えよう

プレ更年期の予防

サプリ

腸内の悪玉菌を抑える

腸内環境と更年期障害には深い関係があります。腸内環境を整える事で、更年期障害の予防改善にも繋がるのです。食生活の乱れで便秘気味になってくると悪玉菌が増えます。悪玉菌が増える事で、腸内がアルカリ化になりアンモニア、硫化水素が発生します。この二つは血液にも影響を及ぼし、体内の血液の流れも悪くなっていくのです。血液の巡りが悪くなると、肩こり、体の冷え、肌あれなど更年期の症状が出てきます。

精神を安定させる

セロトニンは、精神を安定させるホルモンです。幸せを感じる感情を脳に伝えています。セロトニンが出ている事で、幸福を感じる事ができますが、約9割のセロトニンは小腸にあると言われています。そのため、腸内環境を整える事でセロトニンが沢山出るため精神安定の効果があります。そのため更年期障害の疲労感、イライラの改善にも繋がります。

ホルモンバランスを整える

更年期障害において、女性ホルモンはもっとも重要です。女性ホルモンのエストロゲンはセロトニンがあることで、増やすことが出来ます。そのため、乳酸菌で腸内環境を整え女性ホルモンを安定させていく事が大切です。

乳酸菌サプリメントの摂取方法

摂取量に気をつける

乳酸菌は腸内に良い効果をもたらしますが、大量に摂取することは禁物です。大量摂取をするとお腹が緩くなるのでサプリメントは1日の摂取目安量を、しっかり守りましょう。

摂取するタイミングにも注目

乳酸菌を摂取する時はタイミングにも注目しましょう。1日の時間帯の中で朝、昼、夜どの時間帯の摂取がいいの?と悩む方も多いと思いますが、時間帯は気にしなくても大丈夫です。ただ、乳酸菌を腸内に取り入れる最も効果的なタイミングは、時間帯では関係なくご飯を食べた後になります。乳酸菌の天敵となる胃酸は、ご飯を食べた後に薄まっています。そのため胃酸によって効能を弱めることが無いように、ご飯後の摂取が最適となります。

続ける事が重要

乳酸菌は長時間、体内で残る事は出来ません。そのため、1日摂取したから腸内環境が良くなるという事はありません。常に腸内環境を整えるには継続して、乳酸菌を摂取していく必要があります。乳酸菌サプリを継続して取り入れながら、腸内環境を改善していきましょう。